茸(キノコ)

山は秋の彩






思いがけずツルリンドウ(蔓竜胆)に出会いました。
秋だな~と思いましたよ。
P8190040



P8190041



P8190042





ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)
DSC04104





キノコ各種(^^ゞ
DSC04051


DSC04109


DSC04107


P8190013


P8190045


P8190047


DSC04091


00000003


P8190009


00000009



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おまけ(榧蘭)・・・カヤラン
散策していたら偶然に目が合いました。(^^ゞ
DSC04056

この頃はこの蘭も珍しくなくなりました。
色々な所で出会いますね。
DSC04053



山は秋の装いになって来ました。
キノコ類が凄いですね。
名前はほとんど解りません。


キノコ・それぞれの里山で




ツキヨタケ
シイタケに似ていますが毒が有るそうです。
DSC00350



DSC00348





DSC00292





DSC00313





DSC00311





DSC00294




タマゴタケの笠の開いた状態
P9302374




このキノコは猛毒、食べたらアウト!
DSC00295





DSC00287





DSC00237


P9302371





DSC00214





DSC00297
 


名前が殆んど解りませんが、カメラが向いてしまいます。(^^ゞ
 


 

富士山・腐生植物&キノコ他




富士山麓、雪が降る前に何度行けるだろうか?
草紅葉とカラマツの紅葉は見たい気がしてます。

見たい見たいと思っていたアキノギンリョウソウ(秋銀竜草)
苔の中から顔を出していました。 ・・ギンリョウソウモドキ(銀竜草擬)
DSC00117



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シャクジョソウ
シャクジョソウが最終段階で上を向くとは聞いていたが
このように真上を向き花が開いていようとは
当初は何か別種の植物を見付けたと思い興奮しました。
・・このような状態は初めて見ました。
DSC00136


左が咲き進み種になる直前・・右が種になる前段階花が咲いているようです。
とにかく良い物を見たと言う充実感でした。(^^)ニコ
DSC00141DSC00137





DSC00134



DSC00135




DSC00115




DSC00147




DSC00113




DSC00120




DSC00122




DSC00126



手前の葉はジンヨウイチヤクソウ(腎葉一薬草)の葉です。
DSC00123




DSC00128




DSC00114




DSC00130




DSC00108



ムシカリ(虫狩) 別名・オオカメノキ(大亀の木)
DSC00125



バライチゴ(薔薇苺)の実
DSC00127



別の場所でリンドウ(竜胆)
DSC00110



本当に富士山麓にはキノコがたくさん住んでいます。
キノコや腐生植物ばかりで無く素敵な花々もたくさん住んでいて
訪問するにはとても楽しいのですが、もう少し近いと良いな~(^^ゞ

今年はあと何度訪問出来るか解らないけど
来年こそは見たいと言う花が有ります。
興味の尽きない富士山です。



富士山麓のキノコと・・・




キノコの名前が殆んど解りません。
キノコは名前が付いていない種類が数多く有るそうですね。
素人のオラには同定など、とても無理ですが 
毒の有る無しに拘わらず魅力を感じて写してしまいます。(^^ゞ

ホウキタケの仲間?
DSC00088


黒いキノコです。
DSC00087



DSC00089


森の中に所々、トリカブトが咲いていました。
DSC00082



DSC00069



DSC00067


タマゴタケ(食用)
DSC00062




DSC00055



DSC00070


木の洞の中で
DSC00052



DSC00054


ベニテングダケ(猛毒)
DSC00049


小さなキノコ
DSC00051



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


林道の脇に見事な赤色の実が・・・イボタヒョウタンボク (水蝋瓢箪木)
P9172113


P9172112

美味しそうな実(液果)だけど有毒だそうです。(^^ゞ
P9172115


DSC00092





ヤマガシュウ・・・このようなツル植物を知りませんでした。
この、つる植物はサルトリイバラとシオデの中間種見たいな
植物です。以前サルトリイバラとシオデを里山に確認に行きましたが
今、思うとこのヤマガシュウではないかと思いました。(^^ゞ
DSC00095


つる植物で木本です。
棘が有ります。実は黒くサルトリイバラと違います。
葉脈がハッキリしていてシオデにとても良く似ています。
DSC00096




足元にミズヒキの群生地が見事です。
DSC00094


ミズヒキの花
P9252253


ギンミズヒキ
P9192165





 

富士山麓のキノコ




この日の富士山
晴れでしたが笠雲が掛かり天気は下り坂でした。 
DSC00027



DSC00030
 



こんな針葉樹林帯を歩きます。
天気が良ければ、とても気持ちが良いです。(^^)ニコ
DSC00085



DSC00048


トゲトゲの有るキノコ
DSC00047


これは猛毒と思います。
もっとも危険な部類のキノコ、食べたら死ぬそうです。
DSC00046DSC00035



DSC00044



DSC00042


ベニテングダケ(猛毒)
こ奴がタマゴタケと似ているんですよね。
DSC00041



DSC00040


上の写真と同種
DSC00037



DSC00039



DSC00032


場所によりこのような穴が開いてます。
直径1m50cm、深さ2mくらい
DSC00083


この穴は深かったです。
フラッシュを使用しても底が見えません。
DSC00084




オラはキノコに詳しくないので知っている松茸と
クロカワ以外は持ち帰りません。
クロカワはホロ苦く酒のツマミにとても良いのです。(^^)ニコ





livedoor 天気
ギャラリー
  • 富士山2~3合目
  • 富士山2~3合目
  • 富士山2~3合目
  • 富士山2~3合目
  • 富士山2~3合目
  • 富士山2~3合目
  • 富士山2~3合目
  • 富士山2~3合目
  • 富士山2~3合目
メッセージ

名前
メール
本文