登山・ハイキング

初めて登る里山




稜線の登山道から見た満観峰(右)と丸子富士(左の三角山)
P3080014



アセビ(馬酔木)
オラの好きな白色のアセビが、まだ咲いていました。
P3080011


エビネ(海老根)・・プチ群生
見付けると何となく嬉しいよね~(^^)ニコ
P3080005


シイタケ(椎茸)・・天然の椎茸を採取
農家の方が榾木で栽培しているシイタケとは違います。
P3080004


キクラゲ(木耳)・・採りません
P3080003

白色のキクラゲ(木耳)?
P3080001


オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
下山して畑にオオイヌノフグリの大群生が見事でした。

とても綺麗に咲いていたけど農家の方は困っていると思う。
P3080021


P3080020



コシノコバイモ(越の小貝母)
花友から頂いた花写真、いよいよ咲き始めましたね。
DSC_0197




雪山歩き




八ヶ岳の玄関口、茅野駅前のバス停
登山客が多く、座れるか心配だったが臨時増便が出てヤレヤレです。
DSC00841

バスの終点、八ヶ岳山荘前
ここで登山届を提出、条例で義務付けられています。
DSC00843

美濃戸へ向かって出発・・
美濃戸まで車で行く方も多くいました。雪が無くてビックリでした。
DSC00845

しばらくカラマツ林を歩きます。この日は快晴で空が青かった。
DSC00846

最初の谷川に氷が張っていて、何故か嬉しい(^^ゞ
DSC00848


DSC00864


DSC00865

少しづつ雪らしい気配も出て来ています。
DSC00866

そう言えば下山中に滑り止めを装着しないで転倒して
腕を骨折した登山者がいたとか
大きなザックを背負った若者が仰向けに転倒するのをオラも見ました。
油断大敵ですね。
DSC00861


DSC00862

この氷の下は水が流れています。
DSC00860


DSC00857

約50分くらいで到着、ここから北沢、南沢に登山道が別れます。
オラは北沢に向かいます。
その前に一服して甘酒を注文しましたが甘過ぎました。(^^ゞ
DSC00854

美濃戸山荘で滑り止めを装着します。
見た目にも雪が多くなって来てワクワクですね。
DSC00903

この橋は昨年の台風で5~6ヶ所流がされ
急いで付け替えたそうです。相当に大変だったと想像されます。
DSC00868

完全修復は出来ておらず更なる修復が必要と小屋の主が話していました。
DSC00867


DSC00902

左の達磨みたいな山が大同心、冬は氷壁登山で登る方がいます。
オラは右側の小同心は登ったけど大同心は有りません。
DSC00874

2015年当時の大同心、この時の方が全体的に雪が多かった
大同心

登山道にアイスバーンが出て来ますが
気温が高いのかシャーベット状
DSC00906


DSC00879

針葉樹の葉にも雪が、ようやく雪山見たいです。(^^ゞ
DSC00875


DSC00904


DSC00903

キャンプサイトが見えました。
DSC00885


DSC00888

赤岳鉱泉小屋に隣接されているアイスクライムの練習場
DSC00887

赤石鉱泉小屋をバックに横岳方面の画像です。
DSC00889

山小屋の中に入り受付を済ませ写真を撮ろうとすると
温度差の為にレンズが曇る
DSC00892

これが大部屋、雑魚寝です。・・12人だったかな?
DSC00893

昨日も載せたけど夕日に染まる八ヶ岳最高峰の赤岳
DSC00894



この日は大晦日、宿泊客は150人~200人くらい居たと思う。
有名な山小屋だけど、こんなに多く登山者が泊まるのを
見た事がなかった。
単独行のオラとしては少し寂しい思いをしました。
皆さん団体か友達同士、或はペアーの方が多かったから
単独行の方が多いと案外友達になりやすいのです。(^^ゞ

唯一の欠点はスマホの電波が届かない、小屋の方に聞くと場所により
docomoだけ何処かの場所で通じると聞き探したが
ラインもメールも送れなかった。

美濃戸口のバス停から約3時間で到着します。

元旦の朝は-11℃でした。平地に居ると随分と寒いと
感じるかも知れないけど顔の皮が突っ張るような
寒さではありません。


明けましておめでとうございます。



本年も宜しくお願い致します。

年末12月30日~平成19年1月1日まで八ヶ岳に遊びに行きました。
この画像は宿泊予定の赤岳鉱泉小屋から撮ったものです。
横岳方面と小屋に隣接されている人工氷瀑で
アイスクライミングの練習場です。
クリックして頂くと大迫力の画像になると思います。
DSC00890


小屋で同室になった方が八ヶ岳最高峰の赤岳が
夕日で赤くなっているよと教えて頂き
急いで外に出て撮って画像です。
DSC00894



今回の雪山歩きは絶好調だったと思います。
普段は多くの方に抜かれてしまうのですが
抜く事は有っても抜かれなかった。(自慢にはなりませんが)

ただ、帰宅してから風邪を引いた事に気付きました。
絶好調が今、絶不調です。
体調が回復するまでボチボチとUPして行きたいと思います。




お気に入りの稜線にて



ここは簡保の宿から花沢山に向かう途中で撮りました。
アップダウンの有るコースですが
稜線上から海の見えるのも疲れを癒してくれます。
DSC00730


ズームで引き寄せて見ました。
DSC00729


花沢山を過ぎてから見た静岡市街
遠くに見える双耳峰は竜爪山かな?
DSC00724


アザミの仲間・・こんな色合いをしていました。
DSC00738



DSC00737


ジャノヒゲ(蛇の髭)・・リュウノヒゲ(竜の髭)
果実の色が綺麗です。
DSC00725



今年は29日でブログを終了します。
明日から冬山に雪遊びをしに行こうと思ってます。(^^ゞ
本年も色々お世話になりありがとうございました。
来年は何時から再開出来るか解りませんが
準備出来次第続けて行きますので
宜しくお願い致します。
<m(__)m>


今日の満観峰




今日は今年最後の里山歩きになりそうです。
最短距離のコースで満観峰に登りました。
登り始めに咲いていたオオジシバリ(大地縛)
DSC00789


アメリカイヌホウズキ?(亜米利加犬酸漿)
DSC00791


キランソウ(金瘡小草)
DSC00790


この小さな葉はマツバウンラン(松葉海蘭)
DSC00794


稜線に出ました。
右に行けば目的の満観峰、左に行けば日本坂峠・花沢山です。
DSC00795


ノダケ(野竹)
この前撮ったノダケと同じですが花らしくなって来ました。
DSC00796


満観峰頂上、この時は誰もいなかった。
DSC00797


頂上から見た富士山と静岡市街
IMG_1358


南アルプス
DSC00803


焼津港、右端に見えるのは高草山の鉄塔
DSC00802


安倍川河口
DSC00800


人懐こいジョウビタキかな?
DSC00806


ツツジ(躑躅)がまだ咲いてました。
DSC00813


蕾も有った。
DSC00815


頂上でゆっくり休み下ります。丸子富士方面
下る頃は登山者も大勢来ましたが長居する方は少なかった。
DSC00816


茶の木の近くにテイカカズラ(定家葛)の実
DSC00817


タツナミソウ(立浪草)の仲間
DSC00824


辛うじて咲いてました。
DSC00821

キタキチョウ?
モンシロチョウやモンキチョウよりはひとまわり小さい。
翅の表面の縁には黒色帯、成虫のまま越冬
DSC00828


ノコンギク(野紺菊)
DSC00832


フユイチゴ(冬苺)沢山の実を付け鈴なりです。
DSC00833


タチツボスミレ(立坪菫)
DSC00834


ムラサキカタバミ(紫片喰、紫酢漿草)
DSC00835


山を下りて来て小坂の東登山口に到着
DSC00836



頂上から見た景色は方角によって晴れて居たり曇っていたりの天気でした。
珍しい花は有りませんが、そこそこ咲いているものですね。



livedoor 天気
ギャラリー
  • ビク石Ⅱ
  • ビク石Ⅱ
  • ビク石Ⅱ
  • ビク石Ⅱ
  • ビク石Ⅱ
  • ビク石Ⅱ
  • ビク石Ⅱ
  • ビク石Ⅱ
  • ビク石Ⅱ
メッセージ

名前
メール
本文