地元の山(蘭)






キソチドリ(木曽千鳥)
富士山麓では別に珍しい蘭では有りません。
針葉樹林帯の半日陰には沢山住んでいます。

しかし、この写真が撮れた場所は地元の山(少々遠いけど)
地元の山にキソチドリが住んでいるとは驚きでした。
DSC04087



DSC04090





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ジンバイソウ(神拝草)の蕾
最初見た時はジガバチソウかクモキリソウの葉かと思いました。
葉の縁が波打っているしね。
良く観察すると葉は2枚で地面にくっ付いている感じ
葉に艶も有ります。
オラはジガバチもクモキリも腰高の葉イメージと勝手に言ってます。(^^ゞ
DSC04097

この蘭はとても厄介です。
蕾から開花までが物凄く時間がかかる
群生している割に花芽が余り出ない
DSC04099



山の散策も思わぬ花に出会い楽しい一時を過ごせます。
ヒルがいるのでご用心・・被害に会いました。(泣)

再度、確認に行きます。

ハクウンラン(白雲蘭)





ハクウンラン(白雲蘭)
昨日載せたヤクシマヒメアリドオシランと極めて近い場所に
住んでいましたが数はハクウンランの方が少なかったです。
DSC04011




塵取りのような花ですね~
DSC04013




ヤクシマヒメアリドオシランと似ています。
ハクウンランとの違いは唇弁の形の違いと茎(軸)の色が違うそうです。
DSC04016



ハクウンランの見本のような唇弁の形 (^^ゞ
DSC03999



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下記の花は判断に迷いました。
唇弁を見るとヤクシマヒメアリドオシランに見えるのですが茎が緑系で
ハクウンラン見たい。交雑種だったらオラにはお手上げです。(^^ゞ
DSC04010


唇弁はハクウンランに見えるけど萼片が茶色
この場所は近くにハクウンランとヤクシマヒメアリドオシランが
同時に咲いてます。
DSC04001


上記の記述はオラの個人的意見ですので悪しからず


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベニシュスラン(紅繻子蘭)
今まで知っている生息地の中では抜群の数の多さでした。
終盤でしたので開花数は少なかった。
DSC04015



オラ見たいな、なんちゃって花好きは貴重な花を
見て感激しているくらいがお似合いかも(^^)ニコ



ヤクシマヒメアリドオシラン(屋久島姫蟻通蘭 )





山地の樹林帯の中、薄暗い環境が好きなようです。
開花時期としては少々遅かったようですが下記の写真のように
咲いている株もあり満足して撮る事が出来ました。
DSC03988




正面、斜め上から
DSC04028




横顔
DSC04029




こんな大株も、そこ此処に
発見すると思わず、おぉ!と声が出ます。・・勿論嬉しくて(^^ゞ
DSC03994





DSC04030




場所により終わっている株も
DSC04005



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トンボソウ(蜻蛉草)
オオバノトンボソウは良く見たけどトンボソウは
今年初めてかな?
P8140022



ヤクシマヒメアリドオシランはアリドオシランとは別種
従って顔つきも全然違います。
ただ、ハクウンランとは同属だから似ていますよね。




富士山(蘭)・・他






キバナノショウキラン(黄花の鐘馗蘭)
地元の山では終了のキバナノショウキランが咲いてました。
さすが富士山、程度の良い花を見られました。
今年、富士山で初めて見る、黄花の鐘馗蘭・・・蕾
P7300002


蕾、開花寸前
P7300003


虫に喰われやすい花だけど丁度良い咲き具合
P7300004



P7300001




君は?・・キソチドリに似ているけど花が多いような?
P7300078



P7300010



P7300013





エゾスズラン(蝦夷鈴蘭)・・アオスズラン
P7300086



P7300087




バイケイソウ(梅蕙草)
P7300015



P7300016




タニキキョウの果実
花は知っているけど果実は知らなかった。(^^ゞ
P7300024




ミツバウツギ
P7300082




冬虫夏草
カメムシタケ
これを撮った翌日の地元の新聞に火のともった線香のように先端が
赤いカメムシタケと記事が載っていました。
カメムシタケは本州でもっとも一般的な冬虫夏草の一つと記述されて
いましたがオラは初めて見ました。
P7300018






地元の山の蘭(里山)





オオヤマサギソウ(大山鷺草)
この場所に住んでいると教えて頂いていたのですが
少々遠いので撮るチャンスに恵まれなかった。
P7260011



P7260009


今回は霧が濃く大雨警報も出ていた。
撮り終わって直ぐに土砂降り
帰りは林道に雨が川のように流れ心配に成る程でした。(^^ゞ
P7260004



P7260015




オオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草)
この場所で花が咲いた株を見るのは初めてです。
毎年咲く前に蕾が枯れてしまっていました。
原因は何だったのでしょう?
P7200009



P7200011



両花とも地元の山ですが住んでいる所は相当離れていますし
高度も違います。


livedoor 天気
ギャラリー
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
メッセージ

名前
メール
本文