風景

静岡県の山間地区②




井川の笹山登山口から見た風景
00000008

井川湖
00000010



ヤマエンゴサク(山延胡索)
P4260011
苞葉を見るとキンキかも?
P4260013



クリンユキフデ(九輪雪筆)
大きな山に行けば程度の良い花を見られるけど
地元の山では珍しいです。
P4260018



タチツボスミレ(立坪菫)
P4260033



ヒメミヤマスミレか?フモトスミレか?
P4260006

P4260005



ギンラン(銀蘭の蕾)
P4220153


苔・・新鮮でした。
00000013



00000011



スギラン(杉蘭)
00000015


茨・・これじゃ突破出来ません。
P4260034



ミヤマネコノメソウ(深山猫の目草)
P4260008



キバナハナネコノメ(黄花花猫の目)
あっ!ここにもいたって感じでした。
P4260024



カラマツ(唐松)の芽吹き
P4260009



ムシカリ(虫狩)・・オオカメノキ(大亀の木)
P4260002


P4260003


P4260001



残念、この花は終わっていた。
P4260021

P4260026





富士山訪問




3月14日、8:00am頃、富士山に向かう途中の国道1号線上で
この時間帯は春霞で富士山が薄く煙っています。
P3140008


富士山桜の園から・・富士山も青空に映えて良く見えて来ました。
P3140010


西臼塚駐車場
P3140011


林の中から富士を望む
P3140012


西臼塚の林道を歩き、仰ぎ見る富士山
P3140013


朝霧高原から望む富士山
P3140023



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3月15日・西湖を眼下に見る (9:00am頃)
P3150020


田貫湖から見た富士山
P3150017



富士川町、野田山中腹から望む富士山と富士川スマートインター
00000008


今の時季には朝晩、富士山は霞が掛かったようにボンヤリと
見える事が多いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年初ダニにやられました。
当日、少し痒いような違和感があるなとは思っていました。
翌日、同じ所が痒いので確認したらダニ発見!
今回のダニは特別痒いし周りが赤くなっていて、しこっています。






ダニの写真なので見なくても良いかも?









右膝の裏側の食い込んでいます。2,5mmくらいの大きさです。
P3150021

青く見えるのはダニ取器・・・挟まれているのは取れたダニ
P3150022

ティシュにとり成仏して貰いました。
P3150025



もう活動しているんですね。


隣の県の里山(愛知県)



2月中旬頃の写真です。

エメラルドグリーンの色をした川
00000014


センボンヤリ(千本槍)
落ち武者の頭を想像してしまったよ。(^^)ニコ
P2110040


アキノキリンソウ?(秋の麒麟草)
アキノキリンソウの萼片がこのようになるのか解りませんが
そのように感じたので載せましたが間違っているかも(^^ゞ
P2110042


キッコウハグマ(亀甲白熊)
P2110019


ミヤマウズラ?(深山鶉)
シュスランを期待したけど主脈が薄いような
P2110013


熊のフン
このフンを見た時は緊張しました。
P2110010





竜爪山②



昨日の続きです。
富士見峠から竜爪方面に少し登り右側の山の斜面に残っていた雪
P2200022

この辺は足元に氷も有るけど比較的歩きやすい雪道
P2200023

笹が両側から迫っていて夏は笹のトンネルとなります。
P2200024

もう少しで薬師岳の分岐に着きます。
ここら辺はバイケイソウの群生地です。
P2200025

なんか良い感じの雪景色です。
P2200027

分岐、右に行くと薬師岳ですが・・
穂積神社方面の下りを覗く、階段が凍っています。
ウワ!これはショッパイ下りですね~
P2200029

分岐、危うく滑って転びそうになりました。
ここの椅子に腰かけて滑り止めを靴に装着します。(^^ゞ
P2200031

雪ではなく氷です。
テラテラと光っていました。
P2200032

薬師岳頂上の気温計、午前11時で1度でした。
P2200033

文殊岳頂上から撮った南アルプス
富士山は雲に覆われて見えなかった。
P2200035

薬師岳まで戻り下りのアイスバーン状の登山道
雪では無くアイスバーンではアイゼン等の滑り止めが
必須ですね。
P2200039



竜爪山①



竜爪に雪が、下りはアイスバーンで大変な事になっていると
言う記事をブログ友から知りました。
里山でそんな事が起きていると思うと急きょ見に行きたくなり
今日行って来ました。(^^ゞ
穂積神社を過ぎ富士見峠に行くトラバースルートです。
チラホラと雪が見えて来て、嬉しいね。
P2200001

足元の凍った土を蹴るとシモバシラの三層構造が出ました。
P2200002

ミツマタの蕾がたくさん有ります。
黄色い花が咲けば見応えが有りそうですね。
P2200003

富士山の最初のビューポイント
この後、富士山は雲に隠れ見え無くなりました。
P2200005

こんな感じの登山道を行きます。
P2200006


P2200007

氷柱が見えますが、ここは春になればシロバナネコノメソウのポイント
P2200008

フデリンドウも春を待っているかのようでした。
P2200009

薄暗い杉林の登山道
P2200010

富士見峠までもう少しですね。
P2200011

雪が積もっている所を優先的に撮りました。
P2200013

ここはオオキツネノカミソリの群生地、雪に覆われています。
P2200014


一般的には富士見峠と呼ばれていますが・・
前から疑問に思っていた事
ここは右に行けば真富士山、真っ直ぐ行けば俵峰
左に行けば竜爪の薬師岳に行きます。
P2200015


しかし、静岡市の標識は高野
P2200018



静岡市山岳連盟でも高野
ここは富士見峠ではなく高野なのでしょうか?
P2200019


どうなっているのでしょうね。
本屋さんで売っている静岡の山を案内するハンドブックにも
富士見峠と記述されています。
山好きの地元の方々は問題ないでしょうが初めて来る方は
案内本と標識の名前が違えば困惑する事でしょう。
この山は里山だけど遭難者も出ている山です。
今日、ベテランの方々に聞いたのですが皆さん富士見峠と言ってました。

この謎を知っている方は教えて下さいな。



livedoor 天気
ギャラリー
  • 富士山麓訪問
  • 富士山麓訪問
  • 富士山麓訪問
  • 富士山麓訪問
  • 富士山麓訪問
  • 富士山麓訪問
  • 富士山麓訪問
  • 富士山麓訪問
  • 富士山麓訪問
メッセージ

名前
メール
本文