山の花・高山の花

ギボウシ(擬宝珠)2種





イワギボウシ(岩擬宝珠)・・・キジカクシ科
実はイワギボウシの、こんなに開花した状態を初めて見ました。
綺麗でビックリ・・訪問するタイミングですね。
DSC00387


長い葉柄の下部には濃い赤紫色の細かな斑点があります。
DSC00389


富士山では巨木に着生したイワギボウシをたくさん見る事が出来ます。
P8120008


実はこの状態の花がイワギボウシの開花状態と思っていました。(^^ゞ
蕾だったんですね~ ・・良く見れば解りそうなもんだけどねぇ~(ひとり言)
DSC00356



コバギボウシ(小葉擬宝珠)
オオバギボウシより葉が小さい所から付いた名前のようですが
花色も違うね。
P8170024


左右同じ写真です。花弁に縦のストライプが入ります。
水分の多い所が好きなようです。
P8170001P8170002




安倍の大滝




安倍の大滝に向かう2番目の吊り橋、この吊り橋が1番楽しい!(^^ゞ
渡り切ってから、振り向いて撮る
P8040054



登山道から下の谷川を見る。・・今日は水が綺麗だ
P8040042


安倍の大滝
雨後で水煙が凄く、直ぐに体中がビショ濡れになります。
DSC00351



せり科の植物と解りますが種類が?
ヤマゼリだろうか?解りません。教えて頂けると嬉しいです。
P8040048


P8040050


P8040051



ヒオウギ(檜扇)・・アヤメ科
扇のような形をした葉が特徴的です。
種は真っ黒で射干玉(ぬばたま)と言います。
P8040017


P8040016P8040014



ゲンノショウコ(現の証拠)・・フウロソウ科
センブリ、ドクダミと共に生薬として有名ですね。
P8040018



ギンバイソウ(銀梅草)・・アジサイ科
何時も咲き終わったような花ばかりを撮っていたので
早めに行ったら咲いていませんでした。(^^ゞ
葉の先端が二つに分かれていて花が無くても識別しやすいですね。
P8040043



ミヤマタニソバ(深山谷蕎麦)・・タデ科
葉は三角形で左右対称の斑が入ることが多いです。
地味な小さな花ですが惹かれます。(^^ゞ
P8040053




富士山散策(標高1200m~1500m)



7月下旬~8月上旬

ギボウシ(擬宝珠)・・キジカクシ科
和名、学名を検索するとギボウシの仲間も随分と種類があるのですね。
P7300133




コオニユリ(小鬼百合)・・ユリ科
富士山で遠目に見たらクルマユリと期待したけど違いました。
ムカゴが付いていないのでコオニユリと思います。
オニユリと比較すると小さいですね。
P7300139




ヒヨドリバナ(鵯花)・・キク科
場所によっては、とてもたくさん咲いています。
蝶や蜂など昆虫等にとっては大切な食糧供給源です。
P7300137




イケマ(生馬)・・キョウチクトウ科
ツル植物、葉は対生
P7300004



カワラマツバ(河原松葉)・・アカネ科
2~3mmの小さな花の集まりで葉は輪生状でした。
P7300141P7300146



オトギリソウ(弟切草)の仲間・・オトギリソウ科
葉は対生、黒点が見られます。
P7300003



うん?興味ある株ですね。(^^)ニコ
突然1株だけ散策中に出会いました。多分、赤い花でしょう。
P7300151





もう一度イチヤクソウの仲間




コイチヤクソウ(小一薬草)・・ツツジ科
イチヤクソウの仲間では少し変わっています。
大きな違いは花が全開せずに一方に片寄った総状花序をつける
たくさ~ん住んでいました。(^^ゞ ・・7月31に訪問
P7300096


P7300099

針葉樹林下に住んでいます。
P7300078



ジンヨウイチヤクソウ(腎葉一薬草)・・ツツジ科
旧分類はイチヤクソウ科
腎臓の形をした葉をもつイチヤクソウと言う意味らしい
P7300088

標高の低い所では既に終わっていました。
ここは標高2000mくらい
P7300018

葉の形(模様)を見ればすぐに解ります。
P7300007P7300011




ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)・・ツツジ科
紅と名前が付いているけど、ヒトツバイチヤクソウの方が
紅色が強いですね。・・標高2300mくらい
P7300119

2300m付近で撮りました。
P7300120P7300122



ようやく、この3種の開花を見ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

熊と遭遇

昨日(10日)午後、安倍峠に登る、登山口
車の中からみました。距離4~5mくらい(超近い)
親離れした子熊だと思う。

軽トラに乗っている地元の方に熊を見たと話したら
知っていました。

富士山北麓・7月下旬③




ナワシロイチゴ(苗代苺)・・バラ科
この花も痛みが早く良い状態に出会うのは大変です。
P7210127



ミヤマムグラ(深山葎)・・アカネ科
ムグラの仲間も、たくさん有って同定が面倒です。(^^ゞ
P7210160



ネバリノギラン(粘芒蘭)・・キンコウカ科
標高1500mくらいで撮りました。
粘りと言うように触るとネバネバしています。
P7210133
実になった状態だと花被片が開き始める
P7300138



ミヤマフタバラン(深山二葉蘭 )・・ラン科
開花には少し早かった。再訪は大変なので諦めです。
P7210209

P7210196P7210198

P7210193



ヒメミヤマウズラ(姫深山鶉)・・ラン科
このような蕾状態でした。
P7210170


ミヤマモズジリ(深山捩摺)・・ラン科
開花は8月中旬過ぎかな?
P7210167





livedoor 天気
ギャラリー
  • ミヤマモズジリ(深山捩摺)
  • ミヤマモズジリ(深山捩摺)
  • ミヤマモズジリ(深山捩摺)
  • ミヤマモズジリ(深山捩摺)
  • ミヤマモズジリ(深山捩摺)
  • ミヤマモズジリ(深山捩摺)
  • ミヤマモズジリ(深山捩摺)
  • ミヤマモズジリ(深山捩摺)
  • ギボウシ(擬宝珠)2種
メッセージ

名前
メール
本文