御殿場口から幕岩まで





今日も朝から良い天気

御殿場口から見た富士山
快晴でした、ここでは埼玉県から来たご夫妻と談笑
奥様と同い年で、思わず握手(笑)
DSC04540


登り口にフジアザミ(富士薊)がまだ咲いてます。
DSC04554


上を見上げればお月さんが
DSC04546


こんな樹林帯をのんびりと、傾斜も緩く歩きやすいですね~
PA110044


逆光の中で黄葉になりかけ
PA110043


キノコ(茸)は少なかったけど
PA110041

PA110009


ツタウルシ(蔦漆)
以前、迂闊に触らない方が良いよと教えられた。
かぶれるそうです。
真偽の程は解らないがツタウルシはウルシ属最強の
かぶれ植物とも言われているとか?
個人的には生漆が経験的に最強ではないかと思っています。
DSC04548


しっかり紅葉してました。
PA110049



PA110005


ナナカマド(七竈)
DSC04552


幕岩
PA110006


帰りに仰ぎ見た富士山は霧に隠れていました。
快晴だったのに霧が濃くなり始めました。
DSC04555


大木の根元に着生したクモキリソウ(雲切草)
PA100001


桜公園で十月桜
PA110053

PA110057



西臼塚で遅めの昼食を作りノンビリ帰宅です。(^^ゞ


宝永山からの帰り~車中泊




第二火口の縁のカラマツ(唐松)
数年前はハイマツ(這松)と思っていましたが富士山には
ハイマツは生えていないそうです。
DSC04521


黄葉したミヤマヤナギ(深山柳)の仲間
PA100006



タイツリオウギ(鯛釣黄耆)
PA100031

PA100029


ミヤマオトコヨモギ(深山男蓬)
PA100025


カラマツ(唐松)
この近くから又トラバース道を帰ります。
PA100028


良い感じの紅葉でした。
PA100004


こんな雰囲気の紅葉も良いかも
PA100003


タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露)
PA100037


ヤマハハコ(山母子)
PA100038


アキノキリンソウ(秋の麒麟草)
一度刈られたようです。背丈は20cm弱
PA100040


キオン(黄苑)? 綿毛が上部に集まっているからキオンとしたけど?
PA100039


イワニンジン(岩人参)の仲間? 
PA100035


ヨモギ?(蓬)
PA100034


アキノキリンソウ綿毛
PA100036


ヤハズヒゴタイ?(矢筈平江帯 )
PA100032


アオベンケイ(青弁慶)
DSC04568


PA110012

PA110011


マツバマンネングサ(松葉万年草)
PA110015

DSC04559


またしても君に出会った
DSC04566

DSC04562


車中泊場所 5台位いました。(^^)ニコ
DSC04534

DSC04537
もうじき日が沈みます。
DSC04538






富士山・草紅葉を期待して B



今日26日(富士山・初冠雪とオラ的にします。)
月曜日にショボイ雪の時、静岡県は初冠雪と出たようですが・・
山梨県は今日が初冠雪としました。
DSC04605
標高1000mくらいの所から見た富士山・・山頂が見えてました。
DSC04606


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日に続きます。
ズルズル滑る登山道を降り火口底の縁に立ちました。
オンタデの盛りを過ぎた黄葉
※オンタデは自分の株からシュートをいくつか出して生長
します。このシュートがたくさん集まり、少しずつ株が大きくなり、
1つのかたまりとして「バッチ」をつくります。
PA100014



その前に横を見るとコケモモが赤い実を付けています。
熟しているのを少々食べてみました。案外いけますね。(^^ゞ
PA100012


火口底に降りました。
黄葉しているのはオンタデが多いですね。

※シュート:栄養繁殖をする多年生の植物が、同-の地下茎から地上部に茎を
何本か生長させる、それらの-本一本の茎をシュートと書う。
何処かの学術書を引用しました。<m(__)m>
PA100019



PA100018



PA100017


イワオオギかな?
PA100027


黄葉の残っている場所を撮ってます。
PA100023



PA100022



PA100020



PA100021


向きを変えると黄葉は終わってました。
DSC04520


部分的に緑も残ってます。
オンタデのバッチ
DSC04518



DSC04515


ヤマハハコだったかな~?
DSC04514



DSC04511



DSC04508



00000004


同じような写真を長々と載せてしまいました。



富士山・草紅葉を期待して A



今回は草紅葉を見に行きました。
・・・が少し遅かったようでした。(^^ゞ

10月11日(水)に西臼塚から見た富士山
写真を撮ってから富士宮口5合目まで車で行きました。
DSC04572


5合目からトラバース道?を行きます。
木々は色付き始めています。
DSC04491


ガリヤスの仲間?或はフウチソウだろうか?
DSC04495


針葉樹の間から見えた紅葉
DSC04497



DSC04492


このコースは楽ちんですね。(^^ゞ
DSC04501


晴れ間も有りますが霧も時々でます。
DSC04500


本来なら正面上に富士山が見えるはずなんですが
DSC04504


この時はカラマツの黄葉には少し早いですね。
DSC04503


宝永山
PA100005


宝永山と第一火口 第二火口
DSC04509


富士山を見上げて
DSC04544


第二火口の縁から火口底を見る
期待している紅葉では有りません。少々遅かった。
PA100008


写真手前の紅葉が残っている火口底まで降りる事にしました。
DSC04512


火口底到着
DSC04519



続きます。

富士山の紅葉は今頃良いのかも知れないけど
台風の影響で葉が落ちていないと良いですね。


里山・タデの仲間・・他





ハナタデ(花蓼)
PA090040


PA090028

群生すると見応えが有ります。
PA050004


PA090036




イヌタデ(犬蓼)
PA050001



PA050002




ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)
こんな名前だけど花は綺麗です。
PA050030

蔓性とは知っていたけど、こんなに伸びるとはね。
PA050032PA050031



イシミカワ(石見川・石実皮・石膠)
PA050039


PA050041




ヤマノイモ(山の芋)・・ムカゴ(零余子,珠芽)
食べました。
PA090039




チヂミザサ(縮み笹)
茎などに開出毛がないからケチヂミザサじゃないと思うけど
ひっ付虫だけど粘液でつけるから困りものです。
PA090016PA090005





livedoor 天気
ギャラリー
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
  • 里山の赤い実(イイギリ)
メッセージ

名前
メール
本文