キッコウハグマ(亀甲白熊)



今年は例年になく、たくさん咲いていました。

こんなにたくさん、広い範囲で咲いているのを見たのは初めてです。

何十株でしょうか?或は百以上?

1株に咲いている花数も多かったです。

PA260659PA260668
 




PA260671PA260666
 




PA260673PA260633
 




PA260636PA260615
 




PA260692





PA260690






このキッコウハグマ下の方に花が咲いてます。
1番上は閉鎖花です。(同じ茎に)
このような状態のキッコウハグマを初めて見ました。
この場所には以前よりたくさんのキッコウハグマが
生えていたのですが、閉鎖花ばかりで花を
見た事が有りませんでした。
今年はこの株ばかりではなく他の株にも
花が咲いています。
PA260652




今日、バイクに乗り撮って来ましたが山では雨に降られ

帰りはカッパ着用でした。

でも、こんに見事なキッコウハグマを見る事が出来て

満足です。(^^♪


 

埼玉、群馬の県境の山



10月の10日~12日、2泊3日で二子山に行って来ました。
1泊2日でも充分に行く事が出来ます。

10日は小鹿野町の梁山泊と言う旅館に泊まりましたが
連休でどこも満室が多く予約に苦戦しましたね。 
翌日は少々朝が早いので朝食をお弁当にして
頂きました。
色々と気遣ってくれる良い旅館でした。 

今回は台風19号が接近中でマスコミも超大型台風と
注意を呼び掛けています。
今年は晴れ男のオラは今回も登山日和に恵まれました。(^^♪


11日・・・まずは二子山の紹介です。

左が東岳 右が西岳
完全な岩山ですね。石灰岩だそうです。
東岳はこの岩稜を登り下ります。
西岳はほぼ中央の岸壁を登ります。
写真から受ける程、険しさは感じませんでしたが
油断の出来ない山です。
DSC02019DSC02011





さて、登山口から約50分くらいで股峠に着きます
この峠が東岳と西岳を分ける分岐です。
こんな看板が出ています。
DSC02016





最初に東岳に向かいます。
暫くするとチョッといやらしい岩場が出現します。
鎖が付いているので強引に突破ですね。
写真では解りませんが左側は切れ落ちています。
鎖場




途中にはリンドウも咲いてました。
秋ですね。
DSC02012






今回も写真が少なく、いきなり頂上の写真となります。(^^♪
DSC02013





股峠に戻り、西岳に登りますが西岳には上級者コースと
一般コースが有ります。
オラは上級者コースへ向かいます。
DSC02018
こんな感じの石灰岩の山です。
思ったより固くしっかりしてます。
DSC02017




この上級者コースは以前は鎖が付いていたようですが
今は鎖は外されていました。
しかし乍らスタンス、ホールドは豊富でそんなに
難しい事は有りませんが高度恐怖症の方は
止めた方が良いかも知れませんね。
オラも平気なような口調で書いていますが
必死だったんですね。写真が有りません。(笑)




登攀中に東岳を振り返る。
DSC02026





西岳頂上
DSC02023




西岳頂上からの下り、岩稜帯を行きます。
両側はスッパリと切れ落ち気が抜けません。
歳を取って来るとタダでさえ、つまずくのに
こんな所でつまずいたら命が有りません。
DSC02022DSC02025





ようやく岩場も最後となりました。最後の岩場には
鎖が設置されています。
ご婦人が絶妙なバランスで降りて来ます。こっそり撮らせて貰いました。ごめんなさい
DSC02027





安定した登山道の狭い岩場にダイモンジソウが咲いていました。
凄い生命力に感心、頑張れって声援したくなりますね。
DSC02029





足元は安定した登山道になり車の停めて有る所まで
ひたすら歩きますが途中で振り仰いだ二子山の岸壁です。
DSC02031




教訓・・・昔取った杵柄なんて当てになりません。
継続している方は別でしょうが
既に股関節は固いし体力は無いし、それなりの
準備と備えは必要です。
でも、楽しかった山でした。

2泊目は河口湖で泊まり翌日里山を散歩して
ゆっくり帰りました。

今年は泊りの山行はこれで終わりです。
地元の里山を楽しみたいと思います。






 

里山のリンドウ色々



里山に咲いているリンドウで高山に咲くリンドウでは有りません。
春に咲くリンドウでも有りません。
今、最盛期でしょうから地元の里山に行けば
見る事が出来るかも知れませんよ。


ここ何年か追い求めていたホソバツルリンドウ
既に出会ってはいたんですが状態の良い時に
なかなか、出会えていなかった。
蕾だったり、既に最盛期を過ぎていたりして
タイミングを外していました。 
しかし乍ら今回は満足とは行かないまでも
花開いている状態の物を撮る事が出来ました。 

ホソバツルリンドウ
PA170483

これは完璧です。(頂き物の画像です、場所は同じ
11





リンドウ、里山で普通に見る事が出来る青紫の竜胆です。
PA170503





リンドウの白花・・貴重かも?
PA170500

PA170496





ツルリンドウ
PA014478




ツルリンドウの白花が見つからない
何処かに紛れ込んでいると思うけど
今回は載せられませんでした。





今日からコメント欄を開けました。





 


 

北アルプス・裏劔・(4日目~5日目)



4日・・・池の平小屋~真砂沢ロッジ~劔大雪渓~劔小屋泊り
   5日・・・劔小屋~別山乗越~みくりが池温泉(入浴)~
~室堂~扇沢~信濃大町~静岡

4日・・・今日は今まで来た道を戻ります。
今日も劔の絶景が見られると思うと心が浮き立ちますね。 


来た時と同じ景色と思いますが、その時々で顔が違うんですね。
池の平小屋を振り返り、仙人池ヒュッテと池の平小屋の分岐辺り・・早朝です。
影の部分に池の平小屋が有るんですよ。
DSC01921





仙人新道を通り~二股の橋~真砂沢ロッジを過ぎると
劔の大雪渓です。 ここを登り返すのが今日のハイライトかな?

DSC01925




途中、こんなクレパス(スノーブリッジ)も有りました。
DSC01924
 




何とか今日の宿泊地、劔小屋に到着
綺麗な小屋で料理も最高です。
とても山小屋とは思えませんでした。
この小屋にもシャワーが有ります。 
DSC01929



劔小屋から見た劔の夕景
このような素晴らしい山の絶景を見るから
登山に嵌ってしまうんですね。
DSC01928

パノラマ
DSC01932




5日・・・今日、ここを室堂の方に下ると、この素晴らしい劔は
見えなくなります。後ろ髪を引かれての下山です。

劔に最後の挨拶
DSC01804




登っていた時より紅葉が進んだ見たいです。
紅葉の始まりです。
DSC01937



DSC01938



白玉の葉に霜が
DSC01939


DSC01941





みくりが池温泉で汗を流し帰るとします。
山の疲れを取ってくれる良い温泉です。
DSC01942



最後に載せ切れなかった花の写真を載せて
終わります。

オオイタドリ
DSC01843

DSC01842



トリカブト
DSC01849




タテヤマウツボグサ
DSC01846




ソバナ???
DSC01850




ウサギギク
DSC01816




ミヤマダイモンジソウ
DSC01820




もっと色々な物を見たり体験したりしたのですが
簡単に載せて見ました。
裏劔は心の洗濯が出来る稀有の山と思います。
天気にも恵まれ本当に良い体験が出来ました。






 

北アルプス・裏劔・(3日目)



今日の予定は真砂沢ロッジ~二股吊り橋~仙人新道~

~仙人池ヒュッテ~池の平小屋~池の平山(ピストン)~池の平小屋

 この日も天気は最高だった。どうやら天気予報では
日本晴れが最終日まで続きそう。

真砂沢ロッジの写真は無いけどロッジから見た風景
昨日この方面から下ってきました。
DSC01841





ロッジを後にして劔沢を進むと竹の橋が
DSC01847





二股の近く・・見上げる劔(三の窓かな?)
DSC01853





思わずパノラマ撮り
DSC01870





仙人池ヒュッテ の池から撮った劔八峰の絶景
他の登山者は不在、一人独占で暫し感動で佇む
DSC01880

パノラマ
DSC01881





今日泊まる池の平小屋が見えました。
DSC01886





池の平小屋に到着・・・小屋の風呂場
DSC01918




小休止して小屋の後ろに見える池の平山に登ります。
往復3時間・・・良く登るよね。・・ヨレヨレです。

池の平山から見た劔
流れる雲に見え隠れしていました。
この風景も感動ものでした。
DSC01895





何と日本海も見えるんですよ。
DSC01882





池の平山から下り,頂上を振り返ると山頂で出会った
登山者が見えました。
彼らは物凄いルートを歩き、物凄いルートに向かいます。
物凄いって・・・何処よ (^^♪
DSC01898





下りながら見た池の平小屋
明日は右斜め上に続く登山道を戻ります。
DSC01899





ようやく小屋に到着、小屋の下に平の池が有ります。
時間はまだ有るので見学に行きましょう。
DSC01900

DSC01914

DSC01902




驚いた事にスミレが咲いていました。
DSC01912




今日は良く歩いたので夜はぐっすりです。


 






 




 
livedoor 天気
ギャラリー
  • コウヤボウキ(高野箒 )
  • コウヤボウキ(高野箒 )
  • コウヤボウキ(高野箒 )
  • コウヤボウキ(高野箒 )
  • コウヤボウキ(高野箒 )
  • コウヤボウキ(高野箒 )
  • コウヤボウキ(高野箒 )
  • 散歩の途中
  • 散歩の途中
メッセージ

名前
メール
本文